協力的な先生

「治ってますね!」とレントゲン写真を比較して先生がつぶやく。

当店がレントゲン撮影を依頼しているD先生。
近くで開業された頃より快く引き受けてくださった。

依頼の経緯は病院によってはご本人のレントゲン写真を渡さないところもあり、大切な判断資料が必要な時にないということをお伝えしたところ、
「いいですよ協力しましょう」と快諾。
必要な時はこちらが依頼し、先生のコメントも書いて渡してもらえてる。

お客様も無駄なく、安心。

上のコメントはエビデンス研究会での症例報告をお見せした際、比較写真(初診時とその後、初見・施術計画・結果・ご本人コメント)を見てのひと言だったのです。

今後も機会があれば症例報告をお伝えしたいと思う。

予防ケアの段階で対応できた症例数は多いのです。