冷え症は暮らしぶりで変わりますよ~!

女性の7割近くが冷えを辛いと感じています。
女性は男性より熱を作る筋肉が少ない、皮膚の表面温度が低い、貧血や低血圧が多い等がその理由とか。
「冷え」の原因を知って、暮らしの工夫をしませんか?

まずは体温以上の物を飲んだり食べたりすることから。
次にカラダを温める食材をとりましょう。
野菜ならニンジンやカボチャ、玉ねぎなど、調味料なら味噌やコショウなどを選ぶことがポイントです。

朝コップ1杯冷水を飲めば冷え対策になります。
冷水が胃に入ると体温が下がったというサインになり、体温を上げようとカラダのスイッチが入るんですね。

意外や食べ過ぎも冷える原因の一つ。
消化の為に血液が胃腸に集まり、熱産生量の多い筋肉やほかの器官へ血液供給が減るからなんです。
つい食べ過ぎる高脂肪食品や塩分の多い物、お菓子など甘い物は要注意!

最後にお勧めする対策が全身浴です。
38~40度のぬるめのお湯に10~20分程度つかるのがベター。
新陳代謝を促進して体温を上げることにつながります。
さらに姿勢良しだと血液や神経のめぐりが良くなり効果もup!
 
暮らしの中であるある。。。と気づいたあなた。

まずはこの冬、
一つでも始めてみませんか?