健康・カラダ的視点からみる 寝る環境/寝具

あなたの大切なカラダ いつ修復しているのでしょうか?
はい、その通り就寝時です。
立位姿勢よりも4分の1負荷軽減。

入眠後のノンレム睡眠時 この時から寝具の形状による作用がはたらきます。
〔価値ある使い方・選ぶ知識!使う知識〕をもつと解ります
クッションである 椎間板 によい変化をもたらします。

あの形状で伸展(伸身作用)させると浸透圧による作用で水分が戻ってきます。
今、あなたもイメージできましたね。
その通りです。
当店お客様にはもう10年以上使っている方も多く、
あの形状と言えばあれしかない!とおっしゃいます。

そして加えて、もう一つ大切なポイントがあります。
興味あるあなたはお店で実物形状サンプルをご覧になりお確かめください。
よい睡眠環境をより良く活かすための、姿勢調整の意味合いも理解できます。

治療より予防。
未来の医療もこうなっていく時代が、もうそこまで迫っています。
体験使用したくなった方は電話 080 5718 0243 までご連絡ください。